ACL損傷(膝前十字靭帯損傷)について

ACL損傷(膝前十字靭帯損傷)はスポーツが原因となって起こることが多く見られます。バスケットボールやサッカー、スキーのようなジャンプや着地を行う競技、急な方向転換や急停止を行うことが多い競技で発生しやすい傾向があります。

ジャンプや急停止を行わなくても、タックルを受けて接触したときに起こることもあるので要注意です。スポーツ以外では、日常的な接触事故でも発症することがあり、交通事故によってACL損傷(膝前十字靭帯損傷)を経験する人も少なくありません。

ACL損傷の症状

ACL損傷(膝前十字靭帯損傷)はスポーツを行う人に多い怪我の1つであり、膝に症状があらわれるものです。

具体的な症状には、激しい痛みをあげることができます。靱帯から出血が起こって関節内に血液が溜まってしまうので、関節の腫れが起こることが多いです。痛みのため動くことができなくなり、歩行や日常生活に支障が出ることになるでしょう。

治療を実施すれば徐々に症状が改善されますが、数週間後に歩けるようになっても膝の不安定さを感じたり、膝くずれが生じたりすることがあります。自然治癒の可能性はほとんどない症状なので、専門家へご相談することをお勧めいたします。

ACL損傷は当院へお任せください

初めてご来院される方にも安心して受けていただけるように、丁寧なカウンセリングと本当の痛みの原因、適切なケアなどご説明させていただきます。

症状に関するお悩みやご不明な点などお気軽にスタッフへご相談ください。

ACL損傷の痛みにお困りの方は、ぜひ当院へお任せください。

マーサメディカルグループ 神田鍼灸整骨院3号店 司町院

〒101-0047東京都千代田区内神田1-18-11ロイヤルプラザ104