ゴルフ肘について

肩を起点として肘に至るまで存在している筋肉に炎症が生じる事をゴルフ肘と呼び、名称にも付けられているようにゴルフをしている時に負担が生じるスイングをしたり、地面を打ってしまった時などに生じます。

原因としてあげられるのは握り込んでいる時に必要以上に力を込めてしまっていたり、スイングをする時に肘を張るようにしている事などです。

また、ゴルフクラブは色々な種類がありますが、共通して重量感がある物なので身体の全体を使うのではなく、腕や手のみを使ってしまっている時など痛みの原因につながります。

ゴルフ肘の症状

ゴルフ肘の症状は手首を手のひら側に曲げたり、物をもって肘を曲げる力をいれたりする際に肘の内側が痛むことです。ゴルフ肘を発症した時には一度専門家に相談されることをお勧めいたします。

大事なのは安静に過ごす事で、徹底して患部を動かなさいように意識しながら過ごしつつ、炎症を抑える薬剤を服用したり塗布しましょう。

そのため、ゴルフに興じる事が好きであったりできるだけ成績を良好にしたいと考えていても休む事を優先しつつ、痛みが和らいだタイミングで再びプレイしたい場合は、する前と後にじっくりと柔軟体操を行うと良いです。

柔軟体操をすれば、筋肉に柔軟性が戻るので発生が予防できるのと同時に悪化する事が防げますし、現状を今一度把握する事にも繋げられます。さらに、心配である時には医療機関に行くと注射など専門家ならではの処置もしてくれます。

ゴルフ肘は当院へお任せください

ゴルフ肘は当院へお任せください。当院の精一杯の施術であなたの不安や悩みを取り除きます。不明な点や不安な点など、まずはお気軽に当院へご相談ください。ご来院お待ちしております。

マーサメディカルグループ 神田鍼灸整骨院3号店 司町院

〒101-0047東京都千代田区内神田1-18-11ロイヤルプラザ104