半月板損傷について

半月板は膝関節にある軟膏組織であり、膝のクッションのような役割を果たす重要な部分です。その部分に損傷が起こることを半月板損傷と呼びますが、場合は手術が必要です。

スポーツが原因となることが多く、膝を捻るときに大きな負荷がかかることで発生するケースが多いと言えます。ジャンプ後の着地に問題がある場合、サッカーやバスケットボールのような競技で急な切り返しの動きを行ったときなどに発生するケースが多いです。

ただし、半月板は年齢が上がるとともに変性して障害が起こりやすくなるので、スポーツをしていなくてもちょっとした膝の動きで発症することもあります。

半月板損傷の症状

症状には痛みや腫れ、関節の可動域が制限されることなどをあげることができます。急に膝を動かすことができなくなるロッキングという現象が起こることもあり、日常生活に大きな支障をきたすことになるケースが多いです。

特にロッキングが起こったときには激しい痛みが起こり、歩行が困難となってしまいます。初期に正しい治療を行わないことで、関節水腫や変形性膝関節症を発症することもあるので要注意です。

半月板損傷は当院へお任せください

半月板損傷でお困りでしたら当院へお任せください。悩みを抱え込んでしまう前に、早めにご相談されることをお勧めいたします。ご来院お待ちしております。

マーサメディカルグループ 神田鍼灸整骨院3号店 司町院

〒101-0047東京都千代田区内神田1-18-11ロイヤルプラザ104