坐骨神経痛の症例①「ずっと座っていると仕事にも集中できないほどの痛み」

患者様

女性 60代 会社員

症状

生活をしていて一度も臀部付近にしびれを感じることはなかった。

朝起きて立ち上がろうと力を入れた際に、臀部から大腿部にかけて激痛が走り動かせなかった。

仕事中、痛み、痺れがます一方で我慢できず早退し、会社の人の紹介で来院。

主訴

なにもしなくてもしびれがある

座っているとしびれが増える

前屈可動域に制限がある

後屈時に疼痛がでる

 

症状改善後の目標

仕事や日常生活に支障が出ないようにしたい

運動不足なため、運動をしていきたい

施術内容と経過

初回施術

初回施術では、検査中安静時の状態でしびれが常に出ていた。

施術としては当院のトリガーポイント療法、ハイボルテージを行い、痛み、しびれが改善された。

初回施術後の痛みの程度は10→0になったが、次の日に戻る可能性があったため来院して頂いた。

2回目

2回目の来院の際には痛みが3には戻ったがかなり改善された。仕事の集中力が保てるまで回復した。しびれは朝起きあがった状態ででるためトリガーポイント療法を行った。初回で表面の筋緊張が少し抜けていたため、初回施術より奥深くのトリガーポイント療法を行うことができた。

3回目以降

3回、4回と施術を重ね、起床時以外の生活では気になることがなくなってきた。もともと運動不足で筋力がない部分と猫背の姿勢の問題があり、腰に負担がかかり全部周辺の筋肉が固まり今回痛みが出てしまっていた。現在は運動をしたいとの要望もあり、痛みも改善傾向にあるため、股関節の動きをだす施術も含め可動域改善を行っている。

同時に施術した症状

腰痛

膝痛

施術方法

トリガーポイント療法

ハイボルテージ療法

股関節包内調整

まとめ

症状はかなり悪かったが、痛みがでてから来院されるまでの時間が早かったため、改善までも早かった。身体を支えるための筋力が不足している部分と、デスクワーク中の姿勢の悪さが積み重さなり、今回の様に急に痛みがでてしまった。

仕事に影響が出ていため、早期改善に向けトリガーポイント療法、ハイボルテージ療法での施術を行った。

今では痛みが消失され、もともとの筋力不足改善のため運動できる身体へ向け施術を行っている。

マーサメディカルグループ 神田鍼灸整骨院3号店司町院

〒101-0047東京都千代田区内神田1-18-11ロイヤルプラザ104